占い業界が使う霊感のホントの意味

対面でも電話占いでも人気があるのは霊感と名のつく占い方法です。例えばタロット占いではなく霊感タロット占いの方が人気があります。ではこの両者に違いはあるのでしょうか。正直に話すと違いはありません。どちらも同じ占術になります。

じゃぁ霊感とつける意味がないのでは?

そう思う方もいるでしょう。
これにはワケがあります。霊感とつけた方が人気が出やすい。お客さんがつきやすいといった統計があるからです。いわば、わざと霊感とつけるようにしているのが大半です。タロット、霊感タロット。この両者の文字を見ても後者の方がすごそうに感じませんか?

霊感というと一般的なイメージでは他者に見えないものが視える。他者に聞こえない声が聞こえる。第6感が非常に鋭いなどのイメージがあると思います。

普通の人とは違うような力があるように感じられるかもしれませんが、これってどんな方でも持っている力でもあります。個人差はありますが、人間なら必ず持っている力が霊感といっても問題ありません。いわゆる直感といったヤツですね。

ですから人気占術となる霊感系占い。
私は霊感がないから占い師には向いていないと感じるのは早計です。ただし鈍感な直感よりも鋭い方が良いのは事実です。

料理人でも鋭い味覚を持っている人の方が美味しい料理を作れるのと同じと考えましょう。でも鋭い味覚がなくてもマニュアルがあって同じように作れれば多くの場合、問題ない料理が作れます。

このような直感力、第6感を強調させているのが占い業界では霊感といった言葉になります。

現在はタロット占いにやたら霊感をつけて霊感タロットとつけることが多いですが、西洋占星術でも四柱推命であってもどんな占いにも直感を働かせる場面が訪れます。もう極論を言ってしまえば占いに霊感を使わないものはないのです。

インスピレーションといった言葉があります。これを国語辞書で調べると「霊感」といった説明をしているものがあります。そうなんです。霊感とはインスピレーションの一種でもあります。つまり作曲家など音楽に携わる方の多くもインスピレーションによって作詞、作曲を行うケースが多いです。これが占い業界で使われる霊感の意味でもあります。

注意点としては占い師の中でもやたら霊感を強調する人がいますが、そういった方はあまり期待しない方が良いでしょう。やはり占いは基本占術をあってこそ。そこに上乗せして自分のインスピレーションや経験からくるアドバイスができる占い師の方が信用できますし当たる確率も高いと言えます。

MENU

Copyright (C) 占い師になるための方法&勉強 All Rights Reserved.