占い師は起業家である

占い師として収入を得ていく方法というのはいくつか存在しています。なにも全て鑑定だけではありません。雑誌の執筆や講演なども有名になってくれば仕事として入り込んできますので収入に繋げることが可能です。また占い師として生徒に教えるといった立場で仕事を行うことも可能です。

しかし、忘れてはいけないのが占い師として食べていくと決めた時点で占い師が個人事業主だといったことを忘れないようにしましょう。

お金をくれるのは会社ではなくお客さんになります。いわゆる自分のちからで収入を得ていくことが必要となるわけです。

昔は占い師が公務員だった時代もあったそうです。平安時代の占い師として有名な安倍晴明は都の陰陽寮に務める公務員だったそうですよ。しかし現在では公務員として占い師といった仕事はありません。そして会社員の別の顔として占い師を行っている人も少ないです。

基本的に占い師は自分で仕事を探して自分で決めることが大切となります。そしてクリエーターのような感じで生活をしていくものとなります。

そういった意味で占い師として成功できる人の多くは起業家タイプ、事業主タイプであります。他人任せではなく自分で率先して物事を動き、働かせることができる人間が占い師と成功がしやすいタイプとも言えます。ただし、現在では多くの占いサービスができておりどこかの運営会社に所属することも可能ですが社員として契約をするわけではありません。

起業家に必要な要素とは?

占い師は起業家であると説明をしました。では、起業家として必要な力とはなんでしょうか?

それは待つ姿勢ではなく攻める姿勢です。仕事はまっていても降りてきません。自分から取りに行くことが大切です。つまり積極性がないと起業家としてはやっていけない。

そしてもう一つ大切なことがあります。

それが人脈を広げる力になります。
占い師の仕事上、人間とのコミュケーションは必要不可欠です。そして仕事をくれるのは機械ではなく人間です。これは忘れないようにしましょう。いくら技術や経験があっても人間性に難があるともらえる仕事ももらえなくなります。

最後はトレンドを読む力といいましょうか。時代を先読みして占いを受ける女性が何を欲しがっているのかを読み解く力も必要です。そして試行錯誤をしながら困難を乗り越える力も必要となるのでしょう。

起業家ともなれば全てが上手く回り出すのは困難。必ず窮地に立たされることもあります。そういった場面で踏ん張る力も必要となります。

ただし、飛び抜けた能力がなくても大丈夫。
占い師として収入を得ていくのであれば一般的な能力が備わっていれば十分です。

しかし、さらにその上を目指すのであれば占いと同時にビジネス書を片手に経営に関する知識もつけていかないといけません。

MENU

Copyright (C) 占い師になるための方法&勉強 All Rights Reserved.