弟子入りして占いを学ぶ

占いを学ぶ方法の一つに現在、プロで活躍している占い師に弟子入りするといった方法があります。特に占星術関連ではいまだに弟子入りをする制度がある流派もあるほどです。実践と経験も確実につめる方法ですが、弟子入りするとなるとハードルが高い印象をもつ人が多いと思います。

基本的に弟子入りして占いを学んでいくにはまず師匠となる人物を見つけなくてはいけません。この師匠ですが今まで自分が鑑定をしてもらって良かったと思える先生でもいいですし、占い雑誌などを見て気になる先生がいれば弟子入り志願をするようにしましょう。まずは気になる先生がいたら連絡をとって弟子入りを採用しているのか確認をすることが大切です。

弟子入りしたい先生に連絡を取る方法

師匠となる先生に目星をつけたら次は連絡をします。連絡方法は電話、メール、手紙などが一般的です。例えば鑑定士の方が自分のホームページを持っていれば必ず連絡先などを記載されているはずです。その連絡先へとメールなり電話をします。

弟子入り志願するにあたり、必要なのは社会人としての振る舞いです。占い業界だからといって特別なことはなく一般的な丁寧な連絡をして弟子入りの是非を確認することが大切。

弟子入りを断られてもカルチャースクールなどがあるかも

弟子入り志願をしても100%採用されるとは限りません。先生の中には自分で占い教室を開いており弟子を教える余裕がない先生もいます。そういった場合は弟子入りはできないけど自分の開いている占い教室に誘われる可能性もあります。

マンツーマンでの指導はないかもしれないですが、気になる先生の教えを乞う意味では占い教室などもメリットはあります。

また教室などを開いていなくてももとから弟子入りを認めない先生もいるのでまずは連絡をしないとわかりません。

例え弟子入りが出来たとしても古典的な住み込みで先生のお手伝いをしながら勉強していくといったスタイルは少ないそうです。同時に弟子入りしたからといって成功する理由にもなりません。占いは勉強するために本を多くかいます。そして読んで知識をつけていくことが必要。そのためそういった知識をつけるための先行投資も必要となります。

MENU

Copyright (C) 占い師になるための方法&勉強 All Rights Reserved.